2017年11月26日日曜日

〜Motion et Motion〜目と目を合わせることに感じる意思

こんにちは
小倉修太です
大先輩達の仕事を見ていると
よく鏡越しにお客様と目線を合わせている

もちろんぼくもたくさん目線を合わせます

仕事に集中しても、鏡越しに目が合います
カウンセリングでお客様のお顔やトータルバランスからヘアスタイルを考えて提案や相談するときに先に目線を外すことはないと思います。



なぜ目線を合わせるのか?





心の似合わせ

〔Motion et Motion〕(モーション エ モーション)動きと情緒

これが、imaiiの根幹にあり美容師として永遠のテーマです

ざっくり簡単に言うと

お客様の感情が動きとして現れ、その動きがヘアーを動かし
ヘアーの動きがお客様の感情を動かす
そしてまたヘアーが動く


全部は当てはまりませんが、髪だけの一例だと

前髪か長いなぁとか、流したいなぁと思っていれば、髪を動かすために顔ふったり手で触ったり、、、とか

何か伝えたい
何か気になる、、、とか

他にも暑い寒いや、好き嫌いなど
緊張やリラックスしてるときなど動きがあり
それが、表す気分も人によって様々です


それを本気で感じようとしなければ
お客様は、私の髪を貴方に託したいとおもうでしょうか?


気分や仕草、それにお顔を見て、お客様の気分を察して仕事をしろと毎日よく言われます
考えることはできても、なかなか相手の気持ちはハッキリとは計れないものなのですが

みんないつでも
本気です!

貴方の髪に本気です

まぁ世の中、本気じゃない美容師はいないけど。



この長さが似合いますとか、前髪はこのような具合にしたいとか
カラーはこの明るさで、この色味で、、、etc

いらっしゃる度に、こちらの本気の提案を楽しんでもらう

こちらの気持ちは必ず伝わります
それの気持ちを表現するテクニックさえ自分にあれば絶対喜ばれると思いませんか?

僕はだったらすごい嬉しい

これされたら嫌だなぁとゆう仕事から
貴方をハッピーにしたいって考えている仕事に変わった方が

エネルギーが爆発すると思うのです


今日も爆発しようと思います





感謝感謝

0 件のコメント:

コメントを投稿