2017年8月30日水曜日

夏休みの思い出

こんにちは。カラーリストの大澤正行です。

もうすぐ8月も終わりますね。

夏休みもあっという間でしたね。

今年の夏休みはキューバに行って来ました!

カナダ経由で18時間。6泊8日の旅でした。

気温は33℃で日本とさほど変わらず湿気がなく爽やかでした。

日差しは強くビーチで火傷寸前で焦りました。

社会主義国なので独特な雰囲気はあるものの治安は中南米一良いそうです。

サトウキビの生産が盛んでラム酒が有名でモヒートの発祥の地で他にもダイキリやキューバリブレなどお酒はどれも最高に美味しかったです。

食事もシーフードやお肉も美味しかったです。コングリという黒豆を油と一緒に炊き込んだご飯がキューバ人の主食でこれもなかなかでした。またマリキータという青バナナをスライスして揚げたチップスが料理の付け合わせについていてこれも美味しかったです。

街並みはスペイン領時代のコロニアル建築にいたるところにクラシックカーが走っていて味わいがありました。

ヘミングウェイが晩年を過ごした地でもあり通っていたレストランやバー、定宿のホテルなどゆかりのお店がたくさんありました。「老人と海」の舞台となった漁村もあります。

そしてキューバ革命の立役者のチェゲバラ。実はアルゼンチン人で裕福な家に生まれ、医師を志すがラテンアメリカの困窮してる現状に真の独立の為に立ち上がる。ゲバラの霊廟にゲバラの言葉「常に勝利の為に」があったのが印象的でした。















0 件のコメント:

コメントを投稿