2016年12月25日日曜日

マリメッコ展、行ってきました!

こんにちは。

カラーリストの大澤正行です。

先日マリメッコ展に行ってきました。


マリメッコファンも多いと思いますがマリメッコのおさらい。

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。 テキスタイルデザインを学んだのち、広告代理店で経験を積んだラティアの元へ才能あるデザイナー達が集い、優れたデザインと巧みなPR戦略によって、60年代には世界的なブランドへと成長していきます。マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインでした。そうした柄の映えるシンプルなカッティングの服は、高い人気を呼びます。その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。
[公式サイトより]

実際のデザイン原画やビンテージのドレスなどがたくさんあり見応え十分でした。また、かつて日本人デザナーも在籍してたりマリメッコの歴史や思いが伝わる展示になっていました。

配色がとても綺麗で今後のへアカラーに活かしたいと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿